病院でも葉酸サプリを勧められたけど処方はされない?

病院

どんどん新しい葉酸サプリが発売されるので、何がなんだか分からない・選ぶのが面倒になっていませんか?

市販から通販まで、葉酸と名前がついたものが多すぎて「これから婚活する人」も妊娠したから葉酸を!と思っている人も「病院でも葉酸摂取をすすめたけど・・・どれがいいの!」なんて投げやりになりますよね。

病院では「葉酸はしっかり摂取しなさい」とか「食事以外でサプリを利用してください」とは言われますが、薬のように処方してくれることはほとんどありません。処方はしてもらえますが、自分に合ったものを選ぶように言われることの方が多いです。葉酸に関しては、病院で処方してもらうものより、雑誌などで紹介されているものの方が妊娠中には好ましいでしょう。

中には薬としてではなく、市販の中から「このようなものがありますよ」と紹介してもらえることもあるのですが、それもあまり目にしたことが無い為に迷ってしまうこともあります。今回は病院で処方してもらえる葉酸、紹介してもらえる葉酸について解説していきます。

病院で処方された葉酸は飲まない方が良い理由

フォリアミン
妊娠すると必ず葉酸はサプリで補給するように言われますが、妊活中は医師によっては特に指示をしない事もありますし、葉酸サプリの話が出たときに「どんなものが良いですか」と聞くと、医師によってはサプリを紹介してくれることもあります。

葉酸欠乏症などの重篤な病状が認められると「フォリアミン」が処方されます。よく耳鼻科では耳鳴りの緩和に処方される事がありますが、疾患がある症状を緩和する目的で薬として処方はするようですが、妊婦に対してはこの「フォリアミン」を出すことは今はほとんどないようです。サプリとは用途が異なるので、注意が必要です。

フォリアミンの場合、5mgの葉酸が含まれているので1日分の400mgを自分で計算するのは大変ですし効率が先ず良くありません。

妊娠中の場合、治療目的ではないので保険適応とならず、実費支払いになりますから高額な金額を支払う必要性もでてきます。もし「葉酸を希望なら処方しま」といわれても即答せずに「どんな葉酸サプリが良いのでしょうか」と尋ねてみると良いと思います。

今は成分バランスの良い葉酸サプリがたくさんありますので、わざわざ病院で処方してもらう必要はないと思います。

その他に病院ですすめられる葉酸はどんなもの?

厚生労働省では神経管閉鎖障害等の予防の為に葉酸を食事以外で400ug摂取する事を推奨しています。これを受けて、産婦人科学会でも妊婦には葉酸をすすめていますし、不妊治療を行っている場合にも葉酸をすすめている産婦人科もあります。

多くの病院ではキョーリン製薬のあかちゃんのささやきか葉酸+マルチビタミンをすすめているようです。すでに自分で何か葉酸を摂取しているのであれば、切り替える必要はありませんが「まだ飲んでいない」のであれば繋ぎとして使用しても良いと思います。

病院で処方される葉酸1:キョーリン製薬の葉酸

葉酸の存在を知ってはいても利用していない場合、処方よりも葉酸サプリのサンプルを出される事があります。多くの病院ではキョーリン製薬の「葉酸」か「葉酸+マルチビタミン」をすすめているようです。病院ですすめてくれるので安心感もあり、これを飲んでいる人もいるようですが、見かける事が少ないために「本当に大丈夫かな」と思う人もいるでしょう。

キョーリン製薬は、哺乳瓶等の消毒液「ミルトン」でもお馴染みの製薬会社で医療メーカーとして医療機関と関係も深く信頼感はしっかりあります。

製品の安全性について

製薬会社ですからGMP規格工場で製造されていますし、環境マネジメントシステム及び労働衛生マネジメントシステムの認証を受けていると環境や働く人にも優しい工場として常に品質向上に取り組んでいます。安全性は間違いないので、サプリとしては何ら問題はありません。

病院で処方される葉酸は食事のバランスが摂れる人向けのサプリ

こちらは葉酸のみが原材料となっているシンプルなサプリになっています。麦芽糖とコーンスターチ、ショ糖エステルが含まれていますが、安全性が高いものですから問題はありません。結晶セルロースが含まれていますが、安全基準の範囲ですから特に気にする事はないでしょう。

葉酸以外の栄養は一切含まれていませんので、食事のバランスが摂れる人向けのサプリでしょう。価格も安いので手軽ではありますが、これでは葉酸しか摂取できませんし、十分に働く事が出来ないサプリです。

葉酸は容量がすくないので、単体のサプリを作るとなる添加物や栄養分を混ぜなくてはいけなくなります。

赤ちゃんの健康や、神経管閉鎖障害リスクをを低減する為にも葉酸が上手く働くようにしなくてはいけません。僅かな葉酸を添加物の方が多いサプリから取るのは良いこととは思えません。

葉酸+マルチビタミンについて

葉酸にマルチビタミンを加えることで、葉酸の吸収率を高める事ができるようになっています。1日に2粒で400ugの葉酸がしっかり摂取できる事に加えて、ビタミンC・ビタミンB6・ビタミンB12を配合し効率よく体内で働けるようになります。

葉酸+マルチビタミンの栄養成分 1日2粒

成分名 成分量
葉酸 400μg(モノグルタミン酸型葉酸)
ビタミンC 50mg
ナイアシン 8.4mg
ビタミンE 7mg
パントテン酸 4.0mg
ビタミンB2 1.2mg
ビタミンB6 1.2mg
ビタミンB 10.8mg
ビタミンD 2.7μg
ビタミンB12 2.4mg

マルチビタミンだけあり、配合されている成分は非常に多く一見バランスもよさそうなのですが、推奨摂取量に対してビタミンCは半分と少な目です。パテント酸カルシウムが含まれていますが含有量が分からないので微量としても鉄分は含まれていません。ビタミンAについては過剰摂取の配慮から外されていますがビタミンDが配合されています。

ビタミンCに関しては、もう少し配慮して欲しかったのは正直なところです。

キョーリン製薬の葉酸は合成のモノグルタミン酸型葉酸です。合成の葉酸を使っている理由については、天然葉酸に多い不純物を避けるためのようです。天然葉酸は安全性が高いと思われていますが、中にはアレルギー物質となるものもあるので、安全性や有効性が天然だから証明されているわけではありません。

最近は「天然だから安心」と売り込むサプリが増えましたが、厚生労働省でも天然由来の特徴を理解して利用すべきと注意歓呼しています。添加物については、健康の為に出来るだけ減らしたいですが、サプリ以外にも食品の中には添加物は何かしら含まれています。

厚生労働省でも体内利用率の高さから食事以外で合成の葉酸を摂取することを推奨しています。葉酸の素材が天然か合成かより、GMP認定工場で製造している事や、安全性の高い添加物だけを使っている、過剰摂取の配慮を重点的にチェックすべきでしょう。

全体的に配合されている成分には問題はないものの、全てをこれでサポートできるサプリではありません。あくまでも「葉酸」に着目し食事の不足分のみをサプリで補給できるようにしてある感じはします。

病院で処方される、またはすすられるサプリは葉酸のみ

フォリアミンしかり、キョーリンの葉酸サプリにしろ葉酸だけは摂取が出来ますが、その他の栄養分に関しては期待ができないと言うことになります。マルチビタミンも悪くはありませんが、妊娠に必要なのはそれだけではありません。

いくら食事がメインであったとしても、摂取できていない栄養をサポートするのがサプリですから、これでは期待はずれになってしまいます。キョーリン製薬のサプリは安価ですが問題はさほどないものの、これでなくてはならない決め手に欠けています。

ましてや、処方してもらうとなると高額な事に加えて飲みにくく効果も期待ができるとは思えません。妊活や妊娠中に赤ちゃんの成長をサポートする為に飲むのであれば、通販で購入できる栄養バランスにすぐれたサプリを選んだ方が安心できます。

病院の葉酸サプリより通販の葉酸サプリには妊娠中に必要な栄養が多い

人気のベルタ葉酸サプリを見てみると、妊娠中に必要な栄養が殆ど含まれています。

ビタミンだけでなくカルシムやミネラル、鉄分等も赤ちゃんの成長やママの健康維持にとても大切です。ベルタは鉄分が豊富なので妊活から出産までの長いスパンで使えるのも魅力です。

価格が少々高く6ヶ月の定期縛りがあるので、いきなり始めるのは難しいかなとは思いますが、安全性やバランスの良さではおすすめできるサプリです。

同じ通販サプリの中でも、栄養バランスがよく妊活に使うならベジママをおすすめします。ピニトールが含まれているので、妊娠中はできれば避けた方が良いかなとは思いますが葉酸の働きを助けるビタミンC、ビタミンB12、ビタミンB6の含有量も合格点です。鉄分は含まれていませんが、ピニトールとルイボスなどの妊活成分が含まれているので、この様なものを選んだ方が安心できます。

葉酸サプリを選ぶなら病院で処方される葉酸サプリ通販の葉酸の方がおすすめ

病院で紹介されたり処方されると「病院だから安心」と思い込んでしまいますが、葉酸サプリに限ってはそうではありません。市販のサプリの中には確かに栄養が何もなく添加物が多いものがありますが、すべてがそうではありません。

品質も安全性も非常に高いものがたくさんありますので、自分が葉酸を利用するのは「どの時期なのか」を良く考えて選びましょう。すぐにでも飲みたい場合には、紹介されたサプリを飲みながら早くに自分に適した葉酸を選ぶようにしてください。

当サイトでは、色んなサプリを紹介していますし「いつ飲むのに適しているか」にも触れています。

妊活中・妊娠初期・中期以降では必要な栄養も違いますし摂取量も異なります。葉酸だけに気をとられて他の栄養について見逃すことがないように成分チェックをきちんと行いましょう。そして「自分に合っている」と思ったら3ヶ月は継続して葉酸が体内で効率よく働くようにしていきましょう。

専門家が『厳選』したおすすめ葉酸サプリ

ママニック葉酸サプリ

妊活開始~妊娠初期期間の葉酸サプリ 第1位

ママニック葉酸

妊婦の目線から研究され、医学的に認められた成分をしっかり吸収できる葉酸サブリ。妊娠初期の体調改善におすすめな高栄養価サプリ

ベルタ葉酸サプリ

妊活から妊娠後期間の葉酸サプリ 第1位

ベルタ葉酸

元気な赤ちゃんを生むために必要な栄養素を手軽に補給できる高濃度葉酸サプリ。葉酸をしっかり補給したい方におすすめなサプリです。

ベジママ葉酸サプリ

妊活期間におすすめ葉酸サプリ 第1位

ベジママ

ママに必要な栄養素をギュッと凝縮した葉酸サプリ。普段からいろんな種類のサプリを飲んでいる方ならこれ一つでOK♪