葉酸は病院でも処方されるけど、話題の葉酸サプリとどちらを選ぶべき?

病院でも葉酸を処方される聞けば、安心だからたくさんある葉酸の中から選ぶよりいいいかもしれないと思いますよね。

確かに病院で処方されるのですから、危険性はありませんが通販サプリとは少し異なります。

せっかくだから・・・と処方されたのに、違うものを選ぶなんてと考えてしまいますが、葉酸は妊活から出産・授乳まで長く飲む必要があるもの。

どちらが本当に自分に良いのか、じっくり考えて飲まなくてはいけません。
病院のもの、自分で選ぶ通販葉酸はどこに違いがあり、どちらを選べば良いのでしょうか。

比較をしながら、適した葉酸を選べるように指南します。

病院で葉酸を処方されるには条件があります


多くの病院やクリニックでは、母子手帳にも記載されている葉酸の摂取をすすめています。

不妊検査や、妊娠検診では問診からエコー、血液検査から当人の体調や生殖器官の状態を調べますので「明らかに葉酸が不足している」「葉酸不足に認識がある」場合には処方してもらえますが、通常は食事指導やサプリ摂取をすすめられるだけで病院が率先して葉酸を処方することはありません。

希望者には処方する病院が多いので、必ずしも処方されることではないというのは頭に入れておきましょう。

病院の葉酸はどんなもの?メリットはあるの?

薬

病院で処方される葉酸のメリット・デメリット

通販で購入できる葉酸を基準として、病院で処方される葉酸のメリット・デメリットをまとめてみました。

病院で処方される葉酸(フォリアミン錠5㎎) 通販で購入できる葉酸
メリット ・危険性はなく安心して飲める 葉酸以外の成分も含まれている
・ネットで簡単に注文ができる
・自分で量らなくてもも1日分の葉酸を摂取できる
デメリット 経済的な負担にもなりやすい
・毎日病院へ行かないといけない
1日分を自分で量らなくてはならない
葉酸しか含まれていない
物によってだが危険のある葉酸サプリはある

基本的には医薬品の、フォリアミンが処方されます。サプリと同じで、吸収率も高いので葉酸としての効果は十分にあります。

希望すれば、ジェネリック薬品でパルトックス・パンピオチン等を処方してもらうことのできますが、1錠に約5mgの葉酸が配合されているので、錠剤を割って1日分を自分で量らなくてはならないことや保険適応外になる事が多いので、経済的な負担にもなりやすいことが考えられます。

妊婦の場合には、治療目的ではないので保険が効かないのがほとんどで、病院の葉酸には葉酸しか含まれていないデメリットがあるのです。

病院で処方する場合は、妊娠前に葉酸欠乏症などの明らかに病的要素が確認された場合のみで、医師がすすんで葉酸を処方することはありません。

もし「病院で処方してもらえるなら」と考えているのなら、ここは落ち着いて考えるべきでしょう。

葉酸摂取の重要性を本当に知っていますか?

妊娠
葉酸が赤ちゃんの成長に関わっていると言われ始めたのは1990年のアメリカが発祥です。

海外では、肉類がメインの食事の為に野菜の摂取が日本より少ない事や、高カロリーの食事で妊婦の高血圧が問題になっていたこともあります。日本で注目され始めたのは、それよりも9年も遅くそれまでは先天性異常リスクをの赤ちゃんの出生率が低かったため認識が薄かったとも考えられます。

1999年以降には、日本でも先天性異常の赤ちやんの出生率が増加傾向にあったことから、厚生労働省でも葉酸摂取について言及するようになりました。

これは高齢出産が増えたこともあるのでしょうが、日本の行政の対応が非常に遅いことも関係しているのだと思います。

夫婦共働きが増えたことや、外食産業が日本では需要が高くなってきたことから「忙しいなら外食」「安くて簡単なファストフード」の意識が強くなった為に、慢性的な栄養不足になっていることも先天性異常リスクの増加に繋がっています。

これだけ葉酸の重要性がいわれているにも関わらず「妊娠初期からでも間に合います」的な考えをもっている人が多いために、日本では先天性異常リスクは増加の一方なのです。

妊娠前から葉酸を摂取しないから、先天性異常リスクが必ずしも高くなるものではありませんが、妊活から葉酸は大切なのだという意識がまだ日本では浸透していないのではないでしょうか。

最近は「エクオール」サプリを取り扱っている、婦人科・産婦人科を見かけるようになりましたが「葉酸サプリ」を取り扱うところは非常に少ないです。

婦人科自体が「何かあったらお世話になる」「妊娠しない限りは行くことがない」と女性に避けられていることも、葉酸がいかに大切な栄養であるかを個人が認識できない原因ではないかとも考えられます。

葉酸は妊活から出産後も、ママの身体を元に戻し赤ちやんの成長をサポートする大切な成分です。

だからこそ、葉酸だけでなく必要な栄養をしっかり摂取できるものを選ばなくてはいけません。病院の葉酸は身体に毒なものではありませんが、妊活や妊娠中に必要な成分が摂取できるかと聞かれるとそうではないのです。

検診の時に処方してもらえるならではなく、自分自身の為生まれてくる赤ちやんの為にもじっくりと葉酸を比較して、早くから葉酸を摂取することがなによりも大切なことなのです。

病院の葉酸より自分が改善したい症状にあった葉酸サプリを選ぶこと

サプリ
病院の葉酸よりも、葉酸サプリが優れている理由としては1日に必要な葉酸がの摂取できるだけでなく、葉酸の力を最大限に引きだすビタミンB6やビタミンB12が含まれていることです。

それだけでなく、妊活や妊娠中に必要ミネラルや鉄分、カルシウムがバランスよく配合されています。コストの面でも、病院の葉酸よりも高く、自分に必要な栄養がなんであるかを比較して摂取できます。

葉酸サプリはそれぞれに特徴があるので、自分が改善したい症状や必要な栄養がどれくらい含まれているかなどをチェックしながら選べるメリットもあります。

食事で野菜をたっぷり食べていたとしても、その中に含まれる葉酸は少ないですし吸収率もサプリのほうがはるかに上です。食事はあくまでも基本的なことで、サプリで400ugを摂取することが必要になるので、妊娠前から葉酸はサプリで摂取するようにしましょう。

病院の葉酸ではなく、どんなサプリを選べばよいの?

サプリを飲む
「合成の葉酸は危険」「天然素材、自然素材のサプリは安全」と多くの雑誌・メディア・サイトでも取り上げられていますが、言葉尻を捕らえるだけで本来の葉酸の大切さを知らないままに選んでしまい、厚生労働省推奨の意味を間違えてとらえてしまった人もたくさんいます。

葉酸摂取の本来の目的を達成するには、本当に安全性が高く品質の高いサプリを摂取しなくてはお金を無駄に使うだけです。

病院の葉酸より市販やネット通販が、すべて良いものではありませんし葉酸とは名前だけで、栄養がほとんど含まれていない劣悪なものも存在します。

  1. 厚生労働省推奨のモノグルタミン酸の合成葉酸
  2. GMP認定工場での製造
  3. 添加物の配慮
  4. 葉酸以外の成分が含まれている

これは葉酸サプリとして最低限必要なことです。

これ以外に、妊活の適した成分が含まれていることやコスパが良く継続できるのかが選ぶにあたってのポイントになります。

これらを加味した上で、妊活んはどれが良いのか妊娠時期によって葉酸サプリを替えるのかどうなのか、1本で長く摂取できるものを飲めば良いかを決めていけば良いのです。

それぞれの葉酸サプリには良い面も悪い面もあります。

パーフェクトな葉酸サプリを探すのは大変ですし、一人一人に改善したいことも違いますので、「今の自分に一番適している」サプリをその時々に見直しながら赤ちやんの成長を楽しみにすることが本来の葉酸の役割だと考えています。

口コミが高くても100%の人が満足しているわけではありませんので、自分自身を良く知る事も葉酸選びには大切なのです。

専門家が『厳選』したおすすめ葉酸サプリ

ママニック葉酸サプリ

妊活開始~妊娠初期期間の葉酸サプリ 第1位

ママニック葉酸

妊婦の目線から研究され、医学的に認められた成分をしっかり吸収できる葉酸サブリ。妊娠初期の体調改善におすすめな高栄養価サプリ

ベルタ葉酸サプリ

妊活から妊娠後期間の葉酸サプリ 第1位

ベルタ葉酸

元気な赤ちゃんを生むために必要な栄養素を手軽に補給できる高濃度葉酸サプリ。葉酸をしっかり補給したい方におすすめなサプリです。

ベジママ葉酸サプリ

妊活期間におすすめ葉酸サプリ 第1位

ベジママ

ママに必要な栄養素をギュッと凝縮した葉酸サプリ。普段からいろんな種類のサプリを飲んでいる方ならこれ一つでOK♪