葉酸の過剰摂取の真偽や副作用について

葉酸は食事で摂取すると、料理の段階で成分が壊れたり尿などで体から排出されています。どんなにたくさん摂取したところで、体に吸収され作用するのは50%にも満たないので問題はありません。これでは、赤ちゃんの成長に必要な量が不足するので、妊娠中はサプリでの合成葉酸の摂取が推奨されています。食事以外で必要となるのは400ugで最大値が1000ugとなります。

間違えないで頂きたいのは、この必要となる含有量には食事は含まれていないということでサプリを飲みすぎると過剰摂取とにり副作用が懸念されます。400ug以下でも以上でも、良くないと言うことですから摂取量はきちんと守らなくてはいけません。もし過剰摂取すると体にどんな影響が出るのでしょうか。過剰摂取しない為に気をつけることなど、色んな情報を発信します。

葉酸は水溶性だから心配ないわけではありません

確かに水溶性ビタミンは、尿や便で体外に排出されていきます。食品に含まれている、ポリグルタミン酸型葉酸はどんなに摂取してもすぐに排出されますが、サプリのようにモノグルタミン酸型葉酸は1日の上限が決まっています。

吸収率が高いので、体外に排出されるものが少なく余分なものは蓄積されてしまうことが問題なのです。不必要なものが体に蓄積されてしまうと、肝臓や腎臓の機能が低下して老廃物の排出が上手くできなくなります。体の体積に必要以上のものが残れば、良い栄養素も毒になってしまうのです。

葉酸サプリの長期間の摂取は過剰摂取にはなりません

婚活で葉酸を摂取する場合は、すぐに妊娠するわけではありませんので長期間葉酸を摂取することになります。欧米では妊娠可能な年齢になれば葉酸摂取がすすめられているので、ティーンから葉酸サプリを飲み始めています。長期間摂取したから過剰摂取にはなりませんから、安心して飲み続けられる葉酸を選ぶ事が大切なのです。

食事で葉酸を摂取していても過剰摂取にはならない

野菜でどれだけ葉酸を摂取しても、1000ugを越えることはありません。飲み忘れて前日分を飲んだくらいで不調になることはないので心配しないでも良いですよ。ただ食事以外にも、飲料に葉酸が含まれている場合、それがサプリと同じ合成葉酸である場合には注意です。シリアルやヨーグルト、牛乳にも葉酸は含まれていますが食べすぎたり飲みすぎるのは過剰摂取リスクを高くします。

加工食品に含まれている葉酸はサプリと同じモノグルタミン酸型葉酸です。1日1食程度であれば、特に問題はないので神経質にならずに1日に1回食事にプラスする程度にしておきましょう。

葉酸を過剰摂取していないのにアレルギーが出ることはあるの?

アレルギー体質の人は過剰摂取以外に、合成のサプリを飲んで何等かのアレルギー反応を起こす人がいます。葉酸の原料にアレルゲンとなるものを使っていると問題ですが品質のよい葉酸であればアレルギーの原因になる素材は使っていないので確認してみましょう。

葉酸の過剰摂取でどんな副作用があるのか

食事で摂取しても副作用は起こりませんが、サプリで葉酸を1日1000ug以上を摂取した場合以下のような副作用が起こる可能性があります。

・吐き気や食欲不振
・体のむくみ
・不眠
・蕁麻疹

これらは葉酸に体が過敏に反応したことで起こる副作用です。葉酸は造血効果があるために、必要以上に摂取すると血管が拡張されて心拍数を高めてしまう危険性があります。これが副作用に繋がるような症状を引き起こしてしまうのです。これらはママの体に起きてしまう副作用の代表的な症状です。

この他にもビタミンB欠乏症で、悪性貧血を起こしていることに気がつかず重篤な状態になってしまい治療が困難になってしまうこともあります。葉酸で貧血症状に気が付かないことが原因となるので、これは本当に危険なことです。細胞を活性化させる葉酸ですが、過剰摂取によってがん細胞までもを活性化させてしまう危険性もあります。

サプリの葉酸は食事からの摂取より吸収率が高いので、このようなリスクを背負ってしまいます。このような事にならない為にも1日の摂取量を必ず守りましょう。

海外産の葉酸は日本製と違い、含有量が400ugを越えたものがあります。骨格が日本人とは違いますから、日本とはサプリの成分も異なっているのです。必ず日本製の葉酸で含有量は400ugである事を確認してください。

葉酸の過剰摂取の影響はママだけじゃない!赤ちゃんにも影響があるんです

葉酸の過剰摂取はママの体に異常をきたすだけではありません。過剰摂取が長期的になってしまうと、赤ちゃんの成長にも問題が起こってしまいます。

赤ちゃんの喘息を引き起こす

オーストラリアでは、妊娠後期に葉酸を過剰摂取した妊婦の赤ちゃんが喘息になった報告があります。喘息は気管支の問題ですが、喘息をもっている赤ちゃんはアレルギー体質になりやすいことからも葉酸の過剰摂取によって腸内環境も乱してしまい、喘息やアレルギーを起こしてしまうのではないかとも考えられています。

このような事から、「妊娠後期は葉酸は飲まない方が良いのでは」とおっしゃる人もいますがあくまで妊娠後期に、合成の「モノグルタミン酸型の葉酸」を『1日1000μg』を摂り続けた場合の研究結果ですから、毎日サプリで400ugを越えなければ問題はありません。

妊娠初期は特に注意したい葉酸の過剰摂取

妊活中は「たくさん飲んだ方が赤ちゃんを授かるのではないか」と考えてしまいますが、妊娠中でなくても過剰摂取はリスクが高いので絶対に400ugをこえてサプリを利用してはいけません。それだけでなく、脂溶性ビタミンや添加物の過剰摂取にも気をつけなくてはいけません。これらを含めて適した葉酸をサプリで摂取することが健康な赤ちゃんの成長に繋がるのです。

過剰摂取に気をつければ副作用はおこりません!だから自分に適した葉酸サプリを選びましょう

妊娠に葉酸が必要であることは間違いありませんし、サプリだけでなく食事でもできるだけ葉酸を摂取するのが好ましいです。ただサプリの選び方を間違えてしまうと、これも副作用リスクを高くしてしまいます。かならず天然由来のモノグルタミン酸型葉酸である、1日の量を守ることです。

妊娠中の葉酸は、赤ちゃんの健康や成長には欠かせませんし、婚活中は卵子の質を高めて妊娠率を高める効果もあります。それ以外の人にも、健康維持など非常に素晴らしい成分である事は間違いありません。

葉酸不足は赤ちゃんに神経管閉鎖障害リスクを軽減し、健康な赤ちゃんが成長する為には必須の栄養ですし、女性の肌トラブルや貧血防止にも非常に効果が高いものです。過剰摂取にならなければ、なんら問題が起こることはありませんし食事でたくさん摂ったからと過敏に考える必要もありません。

妊娠周期によって必要な葉酸の量は異なりますが、400ugサプリで超えないようにすればよいのです。それだけでなく、葉酸の原料や天然成分であり農薬や放射能検査がされているのか、その他の栄養バランス、過剰摂取の配慮、添加物は極限まで減らしているのか、GMP認定工場でしっかりした検査がされているかなどをチェックすべきです。

自分がきちんとママとして自覚をもっていれば、このような細かいことにも気配りはすべきですし「葉酸ならなんでも」と考える人もいないと思います。葉酸サプリは数多いですが、品質・安全・バランスにすぐれた葉酸サプリは意外にすくないものです。人の口コミよりも、成分表示を自分で確認し販売元に質問してでも自分で選ぶ意識を高く持つことが一番大切なのです。

専門家が『厳選』したおすすめ葉酸サプリ

ママニック葉酸サプリ

妊活開始~妊娠初期期間の葉酸サプリ 第1位

ママニック葉酸

妊婦の目線から研究され、医学的に認められた成分をしっかり吸収できる葉酸サブリ。妊娠初期の体調改善におすすめな高栄養価サプリ

ベルタ葉酸サプリ

妊活から妊娠後期間の葉酸サプリ 第1位

ベルタ葉酸

元気な赤ちゃんを生むために必要な栄養素を手軽に補給できる高濃度葉酸サプリ。葉酸をしっかり補給したい方におすすめなサプリです。

プレミン

妊活期間におすすめ葉酸サプリ 第1位

プレミン

ママに必要な栄養素をギュッと凝縮した葉酸サプリ。普段からいろんな種類のサプリを飲んでいる方ならこれ一つでOK♪