卵子の質を高くするのは葉酸だった?卵子の質=葉酸

妊娠

妊娠する為には、卵子の質が非常に関わりが深いと言われています。女性の社会進出に伴い結婚年齢が高くなり、同時に出産年齢が上がっている事や、フランスのように子供ができたら事実婚として認める風潮がないことで、妊娠出産は結婚してからも考えがあるからでもあります。

特に高齢出産の場合、卵子の質が低下することで妊娠しにくくなったり、染色体異常の赤ちゃんが生まれる確率が非常に高い事から、リスク軽減の為にも卵子の質を高めることが最低限のラインであると考えられています。

若いから卵子の質が良いかといえば実はそうではなく、近年は生理周期が不安定で月経前症候群に悩む10代の若者や、放置して過ごした為に出産適齢にには無排卵月経になってしまう人も増えています。

生活習慣が生殖器官に何らかの影響を与えていることは、妊娠を希望する人にとって非常に深刻な問題でもあります。

では、卵子の質が悪いといったいどうなのか良くするためには、葉酸が良いと聞くけれどそれは何故なのか本当に理解している人は少ないのではないでしょうか。

妊娠を希望する人だけでなく、将来的に妊娠出産したい女性はいつからどのようなことをすれば卵子の質を高めそれをキープできるのでしょうか。

卵子の質と基礎体温の葉酸と関係性

基礎体温
人間の唐田は、栄養を摂取して血液から全身に運んでエネルギーを作っています。

血液がキレイで全身に駆け巡ることで内臓は活発に働き体温も上昇してぽかぽかした冷え知らずでいられます。

生命は体温によって管理されていますから、これを高める事が卵子の成長にも関わってくるのです。

体温が正常に高くなると、ホルモンバランスも整い排卵もスムーズに行われて基礎体温も安定します。

女性が妊娠する為だけでなく、生理周期を安定させる為に体を冷やさない事は健康を維持する為にもとても大切なことなのです。

冷えた体では、ホルモン指令が出ても卵子を発育する力が弱くなります。卵子細胞の中にある、ミトコンドリアは温かな体で働き卵子を発育させるので、冷やさない・冷え知らずの身体をつくることが基礎体温にも良い影響を与えて妊娠しやすくしてくれるのです。

体を冷やさない為にはなのをすれば良いのか

体を冷やさない
血液を増やしサラサラにするには、食生活の改善や葉酸の摂取が非常に効果的です。

肉も体には大切な栄養ですがそれだけを食べていても偏りが生じてしまいます。
肉や魚は、バランスを考えて摂取を心がけ、甘いものをや冷たいものはできるだけ控えるようにしましょう。

夏場になると、アイスクリームや冷たいジュースは美味しいですし、牛乳や豆乳も出来れば常温のにしてから口にするようにしましょう。

卵子に含まれるミトコンドリアか、カリウムが大好物ですからおやつはバナナなんかはとても良いですね。卵子の質を高める為には、果物や野菜をたっぷり食べる事も大切です。サラダも温野菜をできるだけ食べるようにすると、体も温まり血行も良くなります。

「卵子の質を高めたい」と葉酸だけではダメ?

妊娠したい・妊活
葉酸は確かに血行を改善し、卵子を元気にして質を高める効果がありますが冷えた体にいくら葉酸をサプリで取り入れても効果は半減してしまいます。

葉酸の力を発揮する為には、「冷えを改善したい」「卵子の質を高めたい」と葉酸だけを摂取していてもいけません。

  1. 食事の改善
  2. 運動習慣
  3. 冷えない工夫

をしっかりすることで、卵子の中に存在するミトコンドリアが元気になり卵子の質を高めてくれるのです。

生活リズムを整えれば、やる気もどんどんでますし体を動かす事も楽しむことができます。運動は苦手だからと動かずにいれば、若い人も筋肉がどんどん衰えてしまい燃焼する力が失われていきます。

熱を生産するのは筋肉が一番効率が良いので、運動しない女性は筋肉も少なく冷えやすい体になっていきます。運動習慣を作っておけば、心身ともにアクティブな毎日を送れるようになりますし、健康な体つくりにも役立ちます。

毎日でなくても、出来るとき動ける時には筋力アップすることも冷えを体の中から改善して卵巣機能を高め、質の高い卵子をつくることにもなるのです。

葉酸が卵子の質を高くするメカニズム

卵子の質を高くするには、排卵がスムーズになるように卵胞ホルモンの分泌がしっかりとされることが必要です。

その為には日頃から、体を冷やさずに温める温活をしていることが先ずは第一条件であると上記で述べました。

卵胞ホルモンがピークに達すると卵胞が成長し、卵子が育ちますが体が冷えているとホルモン分泌が上手く働かずに質の良い卵子が生まれません。葉酸は赤血球を作り血液を造血する力があります。

温活をしながら葉酸を摂取する事で、増えた血液を全身に巡らせてよりホルモン分泌をサポートする事ができます。それだけでなく葉酸は、ミトコンドリアを活性化して卵胞の成長を助ける働きがある事もわかっています。

葉酸は、ビタミンBやビタミンB12と結び付くと、活性酸素を除去し血液中のホモシステイン濃度を下げてサラサラにしてくれます。そうなれば温活効果をさらに高めて血行促進し卵子が元気に育てる環境を作ってくれるのです。

葉酸で卵胞を育てることが質の良い卵子を

卵子は卵胞の中で育ち排卵していきますが、体が冷えていると卵胞は育たなくなり排卵しなくなってしまうこともあります。

これを無排卵と呼び、これでは妊娠する事ができません。

卵子の質以前に、その母体である卵胞が発育しなくては意味がまったくないのです。

卵胞が育たずに、卵子の質が低下すると排卵そのものが起こらなくなってしまいます。
その原因には、冷えによるホルモン分泌の低下だけでなくストレス等も関係しているのです。

仕事だけでなく、恋愛やダイエットでも私達はストレスを感じています。ストレスが強くなると、ホルモンバランスに乱れが起きるので不安感や悩みを溜め込みやすくストレスを発散してもスッキリしなくなります。

ストレスは脳内伝達物質のノルアドレナリンを増やしてしまい、ストレスサイクルに陥ってしまうのです。

このストレスにも葉酸が非常に良い働きをし、ビタミンCとパントテン酸を同時に摂取するとストレスを軽くしてくれるのです。

葉酸はセトロニン分泌を盛んにし、ノルアドレナリンを抑制する効果があるのでストレスによるホルモンバランスの乱れにも良い影響を与えてくれるのです。

卵子の質を高める葉酸は生活の質も高くしてくれる

葉酸はこの様に、体の中から色んな働きをして温活効果を底上げし、冷えを改善してストレスも解消してくれます。あらゆる面から卵子の質の向上に働きかけてくれますから、妊活のサポートをする大切な栄養であることが分かっていただけると思います。

妊娠の為に葉酸を活用する事は、卵子の質を高めて妊娠しやすくしてくれますが、同時に生活の中で冷えない体を作る事でその力を最大限に引き出すことができるのです。

今から妊活を始める人も葉酸をサプリで摂取すると思いますが、元の体がキンキンに冷えていると効果が出にくくなります。卵子の質を高めて色んなトラブルを避け、健康な赤ちゃんを授かる為に温活しながら葉酸を飲んでいきましょう。

冷えが気になって温活だけでは、不安がある人はマカやザクロなどのポカポカ成分は入ったママニック葉酸サプリ、AFG葉酸サプリ、ストレスが心配ならビタミンCやパテント酸を含み栄養バランスにすぐれたベルタ葉酸サプリがおすすめです。

専門家が『厳選』したおすすめ葉酸サプリ

ママニック葉酸サプリ

妊活開始~妊娠初期期間の葉酸サプリ 第1位

ママニック葉酸

妊婦の目線から研究され、医学的に認められた成分をしっかり吸収できる葉酸サブリ。妊娠初期の体調改善におすすめな高栄養価サプリ

ベルタ葉酸サプリ

妊活から妊娠後期間の葉酸サプリ 第1位

ベルタ葉酸

元気な赤ちゃんを生むために必要な栄養素を手軽に補給できる高濃度葉酸サプリ。葉酸をしっかり補給したい方におすすめなサプリです。

プレミン

妊活期間におすすめ葉酸サプリ 第1位

プレミン

ママに必要な栄養素をギュッと凝縮した葉酸サプリ。普段からいろんな種類のサプリを飲んでいる方ならこれ一つでOK♪