ルイボスティーと葉酸サプリの上手な利用で妊娠力アップ?

ルイボスティー&葉酸

妊活には葉酸が非常に大切なのもですが、ルイボスティーも妊娠希望の人に良い効果があると言われています。

妊娠中にはカフェインレスな飲み物が欲しいですし、継続して飲めるならルイボスティーも葉酸と摂取したほうが効果も高く感じます。お互いに相乗効果があるのであれば、併用して利用したいもの。

今回はルイボスティーと葉酸の併用やその効果について、色んな観点から考えてみましょう。

葉酸がルイボスティーの効果をより高めてくれる

ルイボスティー
南アフリカはミネラルを豊富に含んだ土壌の為に、ルイボスは健康効果が期待されるハーブとして民間でもよく飲まれています。

ルイボスに含まれるSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)は抗酸化作用が高く、活性酸素の除去、体免疫力アップ、細胞の生まれ変わりや分裂を高めます。マメ科の植物であり、ミネラルが豊富で、ビタミンC、カルシウムなども豊富なので、美肌効果も高く肌トラブルの改善にも効果的です。

この他にも亜鉛やポリフェノールもたっぷり含まれているので、卵子の老化をくいとめ質を向上してくれる他に、女性ホルモンの分泌を活性化し排卵周期を安定させてくれます。

子宮内膜の強化にも、女性ホルモンのバランスが正常かしていることが大切です。亜鉛は黄体形成ホルモンの分泌を活性化させて、厚みのある子宮内膜をつくるだけでなく、イソビテキシンとノトファギン成分が、エストロゲンと同じように働くのも妊活に良い効果が期待できるのです。

ノンカフェインなので、妊娠してからも継続して飲めることが魅力でもありますね。

葉酸と併用することによって、その効果を最大限に引きだすことができるので妊活希望の人は日常的にルイボスティーを飲むことが良いとされています。

その他にもルイボスティーは冷えの改善や脂肪燃焼効果も

カフェインは、脂肪燃焼効果があったりするので適度な摂取は冷えの改善にも良いのですが、飲み過ぎてしまうと睡眠障害や葉酸に亜鉛の排出を促進してしまう為に摂取障害を引き起こしてしまいます。

妊活中や妊娠中にまったく飲んではいけないものではありませんが、できればカフェインは控えて身体が温まる飲みものの方が良いのです。

コーヒーが好きな人は、完全に控えるおは難しいかもしれませんが1日に2杯までに留め、水分補給は水やルイボスティーを利用するようにしましょう。

ハーブティーのように香りにくせもないので、飲みやすく気持ちを落ち着ける効果が高いのも人気の秘密。ストレスは、妊活中はできるだけ避けたいものですから、リラックスしたい時に飲んだりしても良いでしょう。

葉酸サプリは品質で選ぶがルイボスティーは何を基準として選ぶべき

葉酸はサプリでの摂取なので、品質重視で選びますがルイボスティーの場合、ものによっては味が美味しくなく飲みにくいものもあります。

毎日飲むのであれば「美味しい」と感じるものが好ましいですし、出来るだけオーガニックな茶葉を選びたいですね。

お茶にもグレードがあるので、味もそれぞれ違いますし、コスパも良いものが併用するのであればポイントになります。無農薬であること、有機JASマークがあることを基準に選んでみましょう。

ルイボスティーには独特な香りと味があるので、中には薬のようなにおいが気になる商品もあります。恵みのアフリカの大地で育ったとはいっても、農園によって土も違いますし、茶葉のグレードも異なります。また茶葉の大きさによって、味や香りがまったく別のものになってしまうので生産だけでなくお茶としてのブレンド技術がしっかりしているかも、香り豊かでおいしいルイボスティーを選ぶポイントになってきます。

美味しいルイボスティーは、香りが豊かでほんのりした甘みがあり、後味がさっぱりしていることが条件。つわり時期にも飲みやすく、食事にも合いやすい飲みやすさが求められます。

ルイボスティーも葉酸も夫婦で利用できて副作用の心配もありません

夫婦
ルイボスティーはハーブの一種で、危険性もなく安全な飲み物です。

葉酸も過剰摂取しなければ、夫婦で摂取することで精子や卵子の老化をくいとめ質を高めることができます。

ノンカフェイン、オーガニック、ノンカロリーで栄養価が高いと、体重管理や健康に問題がある人も安心して飲んでいただけます。妊活から授乳まで長く愛飲できますので、是非とも夫婦で利用してみてはいかがでしょう。

品質の高いルイボスティーは高い!葉酸との併用はコスパが悪い?

日本茶もそうですが、グレードの高いお茶は味よし・香よしですがお値段も非常に高価です。

ルイボスティーも、品質の高いものは気軽に飲める値段ではないいので、葉酸と併用するとなると家計にも響きます。

だからといってスーパーで売っている手頃なルイボスティーでは、妊活効果も期待ができません。

葉酸は妊活から妊娠にまで必須の栄養ですから、こちらを重点にしてルイボスティーだできるだけ手頃なものが良いと考えるのが普通です。

ですが、飲みにくかったり美味しくないものを飲みつづけるのは苦痛ですし、継続することもできませんよね。

そんな時には、葉酸とルイボスが同時に摂取できるサプリを選んでみましょう。

ルイボスと葉酸を併用できるのはサプリならベジママ

ルイボスと葉酸を併用できるのはサプリならベジママ
アイスプラント由来の成分「ピニトール」が含まれている、葉酸サプリがベジママです。

ピニトールは、日本でも生活習慣病対策の野菜として注目を浴びている野菜で、まだ市場には多く出回ってはいませんが多嚢胞性卵巣症候群の改善効果や妊活成分が多い事でも話題になっています。

このベジママは、自社工場でアイスプラントを栽培しており完全無農薬の野菜を使った葉酸を製造販売しているのです。もちろん葉酸はモノグルタミン酸葉酸で、ピニトールだけでなくルイボスを含む唯一の葉酸サプリなのです。

男性の不妊にも効果があるので、夫婦で葉酸摂取をしたい方にもおススメできます。

ベジママにはカルシウムや鉄分が配合されていないので、葉酸サプリとしては配合のバランスが悪いのではないかと思われていますが、アイスプラントにはクエン酸が豊富で、鉄分やカルシウムの吸収率をあげてくれる働きがあります。

サプリには、含まれてはいませんが食事で鉄分やカルシウムの補給を心がけることでベジママの効果も高くなることが期待されます。

ルイボスティーよりもマカの方が、葉酸との相乗効果が高いのではないかとも言われますが、マカでは補えない栄養をアイスプラントが持っていることや、ルイボスと葉酸も同時に摂取できる気軽さを考えるとルイボスティーと葉酸をバラバラに摂取するよりもベジママ一つでそれが実現できるのはとても有意義なことではないでしょうか。

安心と安全な葉酸、そしてルイボスと贅沢なサプリがベジママ

bejimama
妊活に必要な成分はもちろんのこと、出産してからは生活習慣予防効果もあるので健康促進の為にも非常に優れたサプリであることがおわかりいただけたでしょうか。

葉酸だけでは、効果を感じることができなかった、ルイボスティーと葉酸の併用はコスパが悪い・・・

そう思っているのなら、ベジママで気になる成分をしっかり摂取しましょう。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善サプリとして有名ですが、それ以外の女性だけでなく男性にも飲んでいただけるものですし、初回は半額キャンペーンや、全額返金保証もついていますので気軽に試していただけるのではないでしょうか。

これからの婚活に大切なのは、継続して良いものをしっかり摂取すること。ベジママはそんな欲張りな人も満足させる新しい視点をもったサプリなのです。

専門家が『厳選』したおすすめ葉酸サプリ

ママニック葉酸サプリ

妊活開始~妊娠初期期間の葉酸サプリ 第1位

ママニック葉酸

妊婦の目線から研究され、医学的に認められた成分をしっかり吸収できる葉酸サブリ。妊娠初期の体調改善におすすめな高栄養価サプリ

ベルタ葉酸サプリ

妊活から妊娠後期間の葉酸サプリ 第1位

ベルタ葉酸

元気な赤ちゃんを生むために必要な栄養素を手軽に補給できる高濃度葉酸サプリ。葉酸をしっかり補給したい方におすすめなサプリです。

ベジママ葉酸サプリ

妊活期間におすすめ葉酸サプリ 第1位

ベジママ

ママに必要な栄養素をギュッと凝縮した葉酸サプリ。普段からいろんな種類のサプリを飲んでいる方ならこれ一つでOK♪